矯正歯科

矯正相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

【矯正担当医】小山 晃裕

【経歴】

  • 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 都内歯科医院勤務
  • 東京医科歯科大学大学院咬合機能矯正学分野 所属
  • 東京医科歯科大学歯学部附属病院矯正歯科外来 所属

【所属学会】

  • 日本矯正歯科学会会員
  • 東京矯正歯科学会会員

【矯正担当医】山口 博之

【経歴】

  • 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 東京医科歯科大学大学院咬合機能矯正学分野 修了
  • 東京医科歯科大学歯学部附属病院矯正歯科外来 所属
  • University of Texas Medical School at Huston (米国) 所属

【保有資格】

  • 歯学博士
  • 日本矯正歯科学会認定医
  • Invisalign(マウスピース矯正) 認定ドクター
  • Harmony(舌側矯正) 認定ドクター

【矯正担当医】新保 礼子

【経歴】

  • 日本歯科大学卒業
  • 東京医科歯科大学 歯科臨床研修課程 修了
  • 日本歯科大学矯正科(現 小児矯正科)研修

【所属学会】

  • 日本矯正歯科学会 会員
  • 日本成人矯正歯科学会 会員
  • 日本歯科理工学会 会員

咬み合わせの重要性

矯正歯科とは、八重歯や出っ歯、受け口のような乱れた歯並びや咬み合わせ(不正咬合)をキレイに揃え、整える治療。口元の形を整えるだけでなく、食べ物をしっかり咬める機能を回復させることも目的としています。

お子様は、成長とともに自分の容姿に敏感になっていくものです。きれいな歯並びで笑顔に自信が持てると、内面的にも明るく積極的な性格を育むことができます。乱れた歯並びは、まだお子様が小さなうちに治してあげましょう。

歯並びの乱れは見た目以外にも悪影響をもたらします

歯並びや咬み合わせが乱れていると、見た目の悪さから心理的劣等感に悩まされる人も少なくありません。上手く発音できない場合もあるので、なおさら人と会うのも苦痛に感じてしまうこともあるでしょう。

また、歯みがきがしにくく虫歯や歯周病になりやすくなったり、口臭の原因になったりすることも。食べ物が上手く咬めないことで、全身の健康にも悪影響をおよぼす可能性もあります。歯並びを正しく整えることは、健康な身体を維持するため、心理的発達をもたらすためにも必要なことなのです。

矯正治療が必要な歯並びの乱れ

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
上の前歯が前に突き出ているような状態。いわゆる「出っ歯」のことです。
下顎前突
(かがくぜんとつ)
下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態です。「受け口」「反対咬合」ともいいます。
過蓋咬合
(かがいこうごう)
咬み合わせがとても深い状態です。下の歯列が上の歯列に覆われてほとんど見えなくなっています。
開咬
(かいこう)
口を閉じて咬み合わせたときに、上下の歯列の間に隙間ができてしまう状態です。
交叉咬合
(こうさこうごう)
奥歯が横にずれて、上下が反対に組み合わさっている状態です。上下の前歯の中心がずれていることが多いです。
叢生
(そうせい)
歯がデコボコにずれている状態です。歯の生える場所が狭く、歯がデコボコに重なり合って生えることも。あごに対して歯が大きい場合などに起こります。
切端咬合
(せったんこうごう)
咬み合わせが浅いため、上下の前歯が先端で咬み合ってしまっている状態です。
空隙歯列
(くうげきしれつ)
歯と歯の間に隙間ができている状態。歯が小さい場合に起こります。いわゆる「すきっ歯」のことです。
上下顎前突
(じょうげがくぜんとつ)
上下の前歯が突き出ている状態です。口元全体が突き出ているので、唇が閉じにくいことがあります。

矯正治療を開始する時期

矯正治療は、永久歯がすべてきれいに並んで、あごの発達が落ち着いてはじめて終了となります。ではお子様の場合は永久歯が生えそろってから治療をスタートさせなければいけないのでしょうか? 治療の期間だけを考えるとそうしたほうが早いともいえますが、治療内容を考慮するとそれが最善とはいえないのです。

上のあごと下のあごの大きさや位置のバランスがとれていない場合、あごが成長する時期(身長が伸びる時期とほぼ同じです)を過ぎると治療がむずかしくなることがあります。また、早い時期に検査ができれば、その後の治療計画が立てやすくなります。それによって大がかりな装置を使わずに、早めに予防や治療に取りかかることが可能になるのです。ですから治療の時期は、できるだけ早く専門医師に相談することをおすすめします。

治療の流れ

1.初診
問診・視診などを行います。検査・治療内容をおおまかに説明するほか、費用についてもご説明させていただきます。

2.検査
適切な診療方針をたてるために、診断に必要なレントゲン撮影をしたり、歯の模型を採ったりします。

3.診断・審査結果の説明
レントゲンや歯型からデータを分析して診断します。その診断をもとに、これからの治療方針や期間、治療費およびその支払方法などについて詳しくお話しします。

4.治療開始
いよいよ矯正治療スタートです。治療を成功させるためには、何よりも患者様や保護者の方のご協力が不可欠。指示された器具を適切に使ったり、丁寧な歯みがきをしたりすることで、治療がスムーズになります。

治療期間

患者様の状態によって治療期間は異なりますが、歯を移動するのに大体2~3年、その後で動かした歯を安定させるために1~2年くらいかかります。なかにはそれ以上の期間が必要な方もいらっしゃいます。

このように長期間におよぶ理由は、上下のあごの成長を正常な軌道に乗せたり、歯の生えかわる時期に起こる咬み合わせの乱れを正しく誘導したりするため。あごの骨に固定されている歯を、周辺の組織を損傷させないように少しずつ移動させるためには、時間がかかってしまうのです。

調節のための装置を使用しているあいだは、1ヶ月に1度ほど通院すれば十分です。永久歯が生えてくるのを観察する場合や、保定(動かした歯を安定させる)期間は3~6ヶ月に1度くらいの通院となります。

当クリニックの矯正治療料金

無料相談 ¥0
検査・診断料 他院にて特殊レントゲン検査料 ¥30,000
基本矯正科A 乳歯列・混合歯列期 ¥300,000
基本矯正科B 永久歯列期・金属製装置使用時 ¥600,000
基本矯正科C 永久歯列期・特殊装置使用時 ¥700,000
基本矯正科D 永久歯列期MTM ※大臼歯の整直などの場合 ¥150,000
基本矯正科E 永久歯列期MTM・上あごあるいは下あごのみの場合で金属製装置使用時 ¥250,000
基本矯正科F 永久歯列期MTM・上あごあるいは下あごのみの場合で特殊装置使用時 ¥350,000
処置料 動的治療中 月ごとに¥5,000
観察料 来院ごとに¥5,000
模型作成料 ¥10,000
保定装置片顎 ¥10,000
床矯正 1SET ¥100,000
ワイヤー装置・金属製装置使用時 ¥300,000
ワイヤー装置・特殊装置使用時 ¥400,000

※上記は税抜です。

土日祝日も診察OKの頼れる歯科医院です。 TEL:04-7141-6103

土日祝日も診察OKの頼れる歯科医院です。 TEL:04-7141-6103

当院の口コミが掲載されています
桶川マイン歯科クリニック 田無スマイル歯科クリニック
川崎スマイル歯科クリニック
津田沼スマイル歯科クリニック